avatar

ホウラク keihouraku@mastodol.jp

RT @onhisart 「バキバキのレーザー⚡からの大阪🚅からのエクストロメ🔥のあとはカフーさんのワンマンだよ🙋ワンマンで大好評だったヌュバンドと同じメンバー!」
みたいな文面を考えてたらホウラクさんがもうトゥートしてた。

twitter.com/SatohKafu/status/1

avatar

ホウラク keihouraku@mastodol.jp

※チラシにも書いてあるけどあるけど、テーブル席/当日シートチャージ別途 540円かかる

avatar

ホウラク keihouraku@mastodol.jp

twitter.com/SatohKafu/status/1

9/4 @ 目黒 Blues Alley Japan
ヌュのサウンドディレクターのカフーのワンマンがあるよ!

ピアノ・ドラムはいつものお二人
(ヌュのバンドセットO-WESTにも出てた。ピアノの斎藤渉さんは『ルカルカ』でピアノ弾いてる)

【予約特典:特別な音源プレゼント「Dimension Cruise Studioで多重録音してみたテープ 」】
====================
佐藤嘉風 「カフウと風の歌 vol.1」
(Vo/G)佐藤嘉風 (Pf)斎藤渉 (Ds/Vo)U

前売券 テーブル席(指定)\4,500

Dinner Set(Mini Dinner・1Drink付/MC・SC込)\11,500

立見(自由)\4,000

当日券は各料金\500UP (各税込)

予約ページ
bluesalley.co.jp/schedule/syou

mastodol.jp/media/c4TLOMQ6EnMz mastodol.jp/media/oNyqf12IufK1

avatar

ホウラク keihouraku@mastodol.jp

アイドルさんってもしかしたら、「他人に撮られるより自撮りの方が盛れる」って思ってるのかな?もしそうならば、腕の良いカメラマンに撮られて、他人に撮られるとこんなに自分の可愛さを引き出してもらえるんだ!!!っていう経験を味わったらいいのになーと思う。たまに、カメラマンに撮られる機会が少ない地下アイドルが、同じ角度の自撮りばかりずっとあげていて、それを見ると寂しい気持ちになるので、そういうのは運営がさっさと仕事するべきだなと思う。お金の問題はあるけど、同じ角度自撮りが続いたら手を打つべきことだよなーとは思う。 mastodol.jp/media/cXP2krMsikyX

avatar

ホウラク keihouraku@mastodol.jp

ヲタとメンバーとの信頼関係で成立しているリプのやりとりというのもやはりあるし、普段の関係性というかツイッターでは可視化されていないお互いが了解済みの前提みたいなものがあって、それがあるからこそ言えるものってのもやはりあって。それは失礼なことを言っていいってことではなくて、受け取る側が言葉の裏読みをしなくて済むって感じで。
言葉をそのまま額面通りに捉えて、こう言ったらダメだとか、こう言わなきゃダメだとかそういうものでもないのが実際で。それは側から見たら判断できるものでもないので、判断が難しいところなんですけど。

avatar

ホウラク keihouraku@mastodol.jp

他のヲタクのアイドルへのリプを晒すのはアレだとおもうんだけど、みおちゃん、めっちゃいい娘すぎるだろ。。。 mastodol.jp/media/ZVE0dpG3DDs5 mastodol.jp/media/6S9Y3KMNIem2

avatar

ホウラク keihouraku@mastodol.jp

知ってたけど、改めて、「頑張っていこうな!!」と自身を鼓舞しました。 mastodol.jp/media/AaCawX0az42R

avatar

ホウラク keihouraku@mastodol.jp

ましちゃんからもらった「いいね」の喜びで今日1日を生き抜こう。 mastodol.jp/media/FtG4PMypW0EG

avatar

ホウラク keihouraku@mastodol.jp

ミニマリングの人手不足問題、「ヲタクだからきっと採用されないだろうな〜」っていう理由で、興味あるけど応募していないヲタクたくさんいそうだけど、そこら辺は関係ないって藤崎さんが明言してくれたら、応募する人増えそうな気がする。

avatar

ホウラク keihouraku@mastodol.jp

んなことをぐだぐだ考えつつ、結局のところ大事なのは、戦略どうのこうのっていうよりも、「そのアイドルがどのような世界観を持っていたのか」っていうのがはるかに重要で。

それはアイドルに限らずすべての分野の表現されるもに言えることなんだけど、今ある勝ち負けということを重要視しない限りは結局はそこが一番大事にすべき点なんだと思う。

独自の経験を、どのように表現に昇華したのか。どのくらい自分の頭で感上げて、自分で結論を出して来たのか。そういうことが、やはりなんだかんだで、時代を乗り越えて多くの人に刺激を与えるものだと思うし、そこを目指すアイドルいても本当はもっといてもいいのだと思う。それが結果として、アイドル文化の立場を押し上げるのではなかろうか。

avatar

ホウラク keihouraku@mastodol.jp

現代アイドルは、アイドル興味ない人とどうやって共有可能な価値を作り上げるのか。

この問題は正直、かなり難しい問題だし、「できる限り多くの人が感動する作品の方が偉い」という立場に立った途端、絶対解決しない問題なんだと思うんだけど、唯一今そこを切り抜けるとしたら、それは「結論」というかたちで「アイドル」を提示することではなく、多くの人が共有したいと思える「質問」としてのアイドルを提示するしかないとは思う。

けどそれはとても文脈重視な存在でもあるから、一時的に有効であっても、長期的にみたらすごく脆弱な存在として扱われてもおかしくないところはある。

avatar

ホウラク keihouraku@mastodol.jp

アイドルが「アイドル」という枠組みから外れたら弱くなっちゃうのはある意味当然で、それはアイドルに限らずどんな分野もそうなんだけど、けどアイドルの場合「アイドル」という枠組みで測られる能力なり凄みが客観的なものとして示せないところが弱みになっている。

アイドルに興味がない人にも、わかりやすくその価値を示せるとしたら「美少女」っていうところなんだろうけど、けどそんなものは現代アイドルの範疇ではそんなに大きい要素ではなくなってしまっているし、それを判断材料として持ち出すこと自体が、過去のアイドル観に後退することになってしまう。けど客観的な判断材料としての能力の凄みが、結局その美少女というところしか示せないから、「美少女じゃなかった」り、「国民的じゃなかった」りすると、簡単に「アイドル」は、女優やタレントや歌手より下のもの扱いされてしまう。

avatar

ホウラク keihouraku@mastodol.jp

twitter.com/nuance_official/st

ミニマリングの人手不足問題相変わらずみたいだし、最近フジP確実に寿命縮めて行ってる感あるので、友人知人で興味ありそうな人がいたら、是非話題振って欲しい。

mastodol.jp/media/WVEj4d-6gK71 mastodol.jp/media/C4VIgRtFmYjj

avatar

ホウラク keihouraku@mastodol.jp

AV業界はなんだかんだで屑みたいな人間がごまんといるので(まともな人もちろんいるが、1現場に最低2.3人は本当に屑がいる)、アイドル界隈とAV業界人の関わり、気持ちよく見れないところがある。

avatar

ホウラク keihouraku@mastodol.jp

@chickenzombies あ、写ってますね笑。公式の集合写真の方には写ってなかったのに。。

avatar

ホウラク keihouraku@mastodol.jp

昨日TLに大量の串カツ画像が流れてきて、串カツ食べたいモードになって、いまだにそれがまだ抜けないので、大量の串カツ自宅に届いて欲しい。

avatar

ホウラク keihouraku@mastodol.jp

RT @NNN ロケットベースが新たに始めるアイドル「本とうたた寝。-Reading & Snoozing-」1人目のメンバーは もかろんさんか。

twitter.com/moca_rn/status/102

avatar

ホウラク keihouraku@mastodol.jp

この製本がデフォなの。。。? mastodol.jp/media/L2VqksDxWQjY

avatar

ホウラク keihouraku@mastodol.jp

フェスボルタ季刊誌、試し刷りで10冊ぐらい刷って、残りを売っているだけのような気が・・・。売る気ないなら売らなきゃいいのに。7冊は少数部数とはいわんよな。それ目的で来る人もいるのに客に失礼すぎる。

mastodol.jp/media/-Hvv_fi_mHE6

avatar

ホウラク keihouraku@mastodol.jp

@NNN 鹿児島のローカルアイドル3組(サザクロ・MINGO2・セブカラ)の今月のスケジュールです。お盆中は厳しいみたいです。。

southerncross.asia/schedule/
明後日から東京遠征。

ameblo.jp/mingo-go/entry-12390
一番近いのでこれ
→2018年8月19日(日)〜撮影可公演〜

twitter.com/sevencolors_810
セブカラはスケジュールの情報がかなり雑なので、イマイチよくわからないのですがたぶん近い日程ではイベントない気がします。

あと基本、外のアイドルは鹿児島にライブしに来てない気がします。。。

avatar

ホウラク keihouraku@mastodol.jp

ライブの振りまで含めたら、総合的にはongen収録曲の中では『wish』が一番いいかな。sanzan以外は、あまりライブで観れていないのでまだはっきりとは言えないんだけど。ただ、wishの振りはすごくいい。あれで、作品としてのレベルがドーンと上がる。

avatar

ホウラク keihouraku@mastodol.jp

RT @munekata 「sanzan」はこのアルバム一番の名曲。原曲が作者が歌っている(よね?)に対して、第三者(=ヌュアンス)が歌うことによって生まれた楽曲への距離感がこれほど美しく昇華された楽曲はそうそうない。基本的にフラットなビートに対して、特にサビのヴォーカルの歌割りで大きな変化をつけるのは見事だと思いました。

avatar

ホウラク keihouraku@mastodol.jp

この前列左端の瀬戸まーなさんの形、最高!!! mastodol.jp/media/hXE9i7W1Dr6h

avatar

ホウラク keihouraku@mastodol.jp

もうなんか最近、SAKA-SAMAメンバー全員好き。ましちゃん大好きなのは変わらないし、推しだけれど、メンバー全員に愛おしさを覚えるヲタクになってきてる。

avatar

ホウラク keihouraku@mastodol.jp

sanzanは良曲。

avatar

ホウラク keihouraku@mastodol.jp

吉田豪が言うところのSAKA-SAMA顔の人のお顔の画像見てみたけど、いろんなメンバーの要素が混じった感じは確かにある。

avatar

ホウラク keihouraku@mastodol.jp

RT @salooon66 ミスiDイベいち会場の笑いをかっさらったシーン

吉田豪「キミ、SAKA-SAMAに居そうな顔だね」

avatar

ホウラク keihouraku@mastodol.jp

fyto.com/eno/archives/2009_06_

なんとなく、故・飯野賢治が川本真琴の『桜』について書いたエントリーを貼ってみる。2009年の記事。

"「できない、できない、できない!」と明るく歌う
明るく歌えることができるのは、学生であるという
希望に満ちた、これからの未来が長く存在する、若い「いま」である。

だから、明るい。
だから、爽やかである。
だから、その悲しさが、独特の色を持って表現される。"

avatar

ホウラク keihouraku@mastodol.jp

そもそもタイトルの『wish』の意味は、ただ「望む」のではなく、厳密に言えば、「現実的な不可能なことを無理だとわかりつつも望むこと」「神に背いてまで、望むこと」という意味だ。「あり得ないけど、どうしても望んでしまうこと」が歌われているのだ。

avatar

ホウラク keihouraku@mastodol.jp

ヌュアンスのメンバーの歌声と、この歌のテーマには、距離がある。歌われるテーマはメンバーの言葉ではないな、って思わされる距離感がどうしてもある。だけど、その距離感では決して描かれるはずのない、感情が曲の最後に現れる。

ヌュver.のwishは、ずっと歌のテーマの主人公/本人が不在なのだ。MiyuMiyu ver.はまさに本人のそれだった。本人だから、MiyuMiyu ver.には希望はないし、淡々と過ぎ行く日々の中でただただ後悔をし、その後悔が故に「君へ届け」と歌っている。

avatar

ホウラク keihouraku@mastodol.jp

とりあえず今感じた雑感をtootして行っています。

avatar

ホウラク keihouraku@mastodol.jp

原曲(MiyuMiyu ver.)が持っていた、歌い手と曲のテーマの距離の近さが、ヌュアンスメンバーの声とカフーアレンジによって、離れたものになっているんだけど。

けど原曲だからこそ違和感のなかった曲の終わりのやり切れなさや行き場のない感じが、ヌュアンスverにも残っている。それは違和感でもあるのだが、その瞬間、ヌュアンスver.は曲と歌い手であるメンバーと歌のテーマの距離感に隠れている何かを感じ取ってしまう。曲中、ずっと姿を見せないけど、ずっとずっとずっとこの曲中に、決して公にされることのない感情の存在があることに気づかされる。

avatar

ホウラク keihouraku@mastodol.jp

『wish』MiyuMiyu ver.とヌュアンスver.の聴き比べしてるんだけど、RYUTistの『若者のすべて』みたいな、アイドルのカバー楽曲が生み出す作品との独特な距離があるなぁ。

mastodol.jp/media/nqGdbNWw4FNp mastodol.jp/media/8BIT36ZkSt6S

avatar

ホウラク keihouraku@mastodol.jp

ジュリヲのbyebyeだけトラックに長い無音時間があるんだけど、これは意図的なやつ?ただのミス?

avatar

ホウラク keihouraku@mastodol.jp

ヌュのポエトリーCD-Rのわかちゃんの『sanzan』、重い女感がすごい。

avatar

ホウラク keihouraku@mastodol.jp

ヌュのポエトリーCD-R聴き始めたけど、優勝なのでは?

avatar

ホウラク keihouraku@mastodol.jp

RT @onhisart イエッティに限らず、一定数酒クズがいるのなんとかならないのかな…

avatar

ホウラク keihouraku@mastodol.jp

RT @munekata イエッティは出禁です。
twitter.com/iettyy/status/1028

Share mastodon Share twitter Share facebook Share hatebu follow us in feedly Share rss
Recent following
Recent followers

Monthly archives