avatar

ayu_mushi ayu_mushi@mstdn.jp

「ミツバチの8の字ダンスで真上に向かう腰振りダンスには、『太陽に向かって飛べ!』というメッセージが込められてる」これは熱い

avatar

ayu_mushi ayu_mushi@mstdn.jp

猫に構造を与えないでください

avatar

ayu_mushi ayu_mushi@mstdn.jp

同時に真となる場合がないという関係である。すなわち,いずれか一方が
真ならば他方は偽,いずれか一方が偽ならば他方は真または偽となる。" law-kanazawa.info/wp-content/u というかORのこと?(この場合 排中律?)

avatar

ayu_mushi ayu_mushi@mstdn.jp

関連して、矛盾許容論理の「否定」はいわゆる否定ではなく、アリストテレスのいう小反対に相当するとの主張もある[12]。ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%9
らしい(小反対はあるxはPで、あるxはPでない、的なことらしい)うーん

avatar

ayu_mushi ayu_mushi@mstdn.jp

同一律が無いと圏にならなそうくらいしか分からない(小並感)

avatar

ayu_mushi ayu_mushi@mstdn.jp

そういえば矛盾許容論理だとAの否定と他の「AならばX」みたいな形の文って何の違いがあるんだろ
(※私は矛盾許容論理について何も知らない)

avatar

ayu_mushi ayu_mushi@mstdn.jp

←学歴バリア無い方の子供

avatar

ayu_mushi ayu_mushi@mstdn.jp

(めっちゃどうでもいいけど、
( (∃x. P(x)) ∧ (∃x. Q(x)) ) ⇒ (∃x. P(x) ∧ Q(x)) については議論領域が1つだけ(シングルトン)のモデルを考えれば充足は可能なことにこのとき気づいてなくてコレ(インチキ分配法則(?))自体がA ∧ ¬Aと同値ってことなのかと思っちゃった)

avatar

ayu_mushi ayu_mushi@mstdn.jp

(ご迷惑おかけしました)

avatar

ayu_mushi ayu_mushi@mstdn.jp

ヘーゲル「私のために争わないで!」

avatar

ayu_mushi ayu_mushi@mstdn.jp

フレーゲ流に、「存在」(などの量化子)を性質から真理値への関数として意味論的にも扱えるでしょう?

avatar

ayu_mushi ayu_mushi@mstdn.jp

分かんないけどそういうのってダメットとかへの道なのか?【要出典】

avatar

ayu_mushi ayu_mushi@mstdn.jp

mstdn.jp/web/statuses/10072318 「xが素数」かどうかは有限ステップで判定するアルゴリズムがあるから、否定による意味習得は可能だけど、「xは犬でない」は潜在的なxが無限にあり、都合の良いアルゴリズムも無いので、「犬」を予め使わずに習得することは不可能、みたいに考えればいいか?

avatar

ayu_mushi ayu_mushi@mstdn.jp

(これは私が「つまり(A∧¬A)」を「インチキ分配法則(?)と(A ∧ ¬A)が強い意味で同義」のいみで取ったのが悪いか
mstdn.jp/web/statuses/10072302

avatar

ayu_mushi ayu_mushi@mstdn.jp

なお、私はブランダムのファンですが(といってもpdfしか読んでないけど)、ヘーゲリアンになる予定はありません。

avatar

ayu_mushi ayu_mushi@mstdn.jp

RT @minougun あー、ヘーゲリアン候補の子供たちの相手をするのに疲れた‼️‼️‼️

avatar

ayu_mushi ayu_mushi@mstdn.jp

形式意味論でもよく犬の集合とかで集合算してるぞ

avatar

ayu_mushi ayu_mushi@mstdn.jp

素数だって無限にありますけどー

avatar

ayu_mushi ayu_mushi@mstdn.jp

@minougun 犬でないものは潜在的には無限だから無理?

avatar

ayu_mushi ayu_mushi@mstdn.jp

@minougun 全体集合を動物で固定し、それ以外の動物の種類が有限でわかっていれば、犬でないそれぞれとXが交配できないことが分かれば、Xが犬であると判断でき、定義として使えるのでは?

avatar

ayu_mushi ayu_mushi@mstdn.jp

@minougun 全体集合があれば集合算できそうですがどうでしょう

avatar

ayu_mushi ayu_mushi@mstdn.jp

可能な外延が有限個の場合には、当てはまらないものを列挙すれば概念を定義できる気がするけど

avatar

ayu_mushi ayu_mushi@mstdn.jp

@minougun 素数でない っていう否定で意味を定義できることもあるんじゃないですか?

avatar

ayu_mushi ayu_mushi@mstdn.jp

@minougun ソシュールのことは知りませんが、
「素数でない(2以上の)自然数が合成数」というのは意味を生成しませんか?

avatar

ayu_mushi ayu_mushi@mstdn.jp

@minougun A ⇔ ¬¬A は成り立ちますよね??

avatar

ayu_mushi ayu_mushi@mstdn.jp

裸の存在、マイノング的対象みたいなものだとすると(知らんけど)、排中律には抵触する?

avatar

ayu_mushi ayu_mushi@mstdn.jp

@minougun ちなみにWikipediaにも記事があります。
ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8
彼はヘーゲルに対しては、評価も批判もしてたと思います

avatar

ayu_mushi ayu_mushi@mstdn.jp

@minougun ちなみにパースは現代論理学の始祖の一人でもあります。

avatar

ayu_mushi ayu_mushi@mstdn.jp

@minougun ちなみにこの発言主のC.S.パースも割とヘーゲリアンなんですけどw

avatar

ayu_mushi ayu_mushi@mstdn.jp

twitter.com/peirce_bot/status/ "時間の観念は、脈拍、呼吸、日の昇り降りといった、あらゆる周期的現象による矛盾律の破れに見えるものを説明するための仮説として精神に生じるのかもしれない。" 関係ありますかね? @minougun

avatar

ayu_mushi ayu_mushi@mstdn.jp

1)命題は文の意義で、2)何かの意義は概念で、3) 事実は真なる命題
とすれば、事実は概念の一種ではないのか

avatar

ayu_mushi ayu_mushi@mstdn.jp

RT @yakumo_burururururu @minougun 
「存在とは無である」の「存在」とは個別の実在したものじゃないよ。個別なものはすでに裸の存在じゃないから。裸の存在とは何の限定にも特定されてない、だから無と同然。これ全てはヘーゲルの最初の最初に書いてあるよ

Share mastodon Share twitter Share facebook Share hatebu follow us in feedly Share rss
Recent following
Recent followers

Monthly archives